佐藤江梨子

佐藤江梨子の趣味の一つは詩や小説を書くことで、著書『気遣い喫茶』(扶桑社)としてまとめられた。また佐藤江梨子は、「週刊プレイボーイ」誌で書評の連載を持っていたことがあり、佐藤江梨子は、「世界一美しい書評家」と呼ばれた。また佐藤江梨子は、一時期ゴーストライターを使っていた時期があった事を公表し、波紋を呼んだ。
佐藤江梨子は、かなりの美巨乳の持ち主であり、山田まりやからは『ロケットおっぱい』と言われている。
佐藤江梨子は、歯医者で治療を受けている最中、医者に胸を揉まれた事がある。
母親が栄養士ということもあり、佐藤江梨子の料理の腕前はなかなかである。佐藤江梨子は、安倍なつみ、ラサール石井、森下千里らを自宅に招いてカレーパーティーを開くこともある。
佐藤江梨子は天然ボケである。
暴漢に襲われそうになった時に、佐藤江梨子は持っていたコショウをかけて暴漢を追い払った事がある。
野田義治は佐藤江梨子と折り合いが悪かったと発言しており、分裂後は佐藤江梨子の性格を批判している。
佐藤江梨子は、視力が悪いためコンタクトレンズを使用している。
佐藤江梨子は高校時代に級友たちと「APC(アーペーセー)」というグループを結成し、佐藤江梨子は名誉会長職にあった。なお、APCとは「アホアホパワークラブ」の略称。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。