佐藤江梨子

佐藤江梨子(さとうえりこ、本名: 佐藤榮利子)
佐藤江梨子は、女優、タレント。佐藤江梨子は、モデル、グラビアアイドル。
佐藤江梨子の所属事務所はイエローキャブ。佐藤江梨子の血液型はAB型。佐藤江梨子の愛称は「サトエリ」。

佐藤江梨子は、東京都江東区出身(本籍は札幌市)。佐藤江梨子は、父親の転勤で、神戸・大阪・千葉などで育つ。佐藤江梨子は堀越高等学校卒業。佐藤江梨子の同級生には安達祐実、内藤陽子、岩隈久志などがおり、内藤陽子は佐藤江梨子の親友。
佐藤江梨子の姉は、舞台女優で劇団ふるさときゃらばん所属の水香。佐藤江梨子には弟もおり、サトエリ本人によれば、ネプチューンの名倉潤にそっくりだという。
佐藤江梨子のファーストキスは18歳の時に経験した。サトエリは恋愛に関しては奥手な性格。

佐藤江梨子は、バレエをやっていたため身体が柔らかく、210度まで開脚出来ることが佐藤江梨子の特技。
佐藤江梨子は、高校時代に、毎日新聞主催の学展に「線の構成」という作品(鉄屑と木材と針金を使用、それらを黒い箱に突き刺したオブジェ)を出展し、入賞したことがある。

佐藤江梨子

佐藤江梨子の趣味の一つは詩や小説を書くことで、著書『気遣い喫茶』(扶桑社)としてまとめられた。また佐藤江梨子は、「週刊プレイボーイ」誌で書評の連載を持っていたことがあり、佐藤江梨子は、「世界一美しい書評家」と呼ばれた。また佐藤江梨子は、一時期ゴーストライターを使っていた時期があった事を公表し、波紋を呼んだ。
佐藤江梨子は、かなりの美巨乳の持ち主であり、山田まりやからは『ロケットおっぱい』と言われている。
佐藤江梨子は、歯医者で治療を受けている最中、医者に胸を揉まれた事がある。
母親が栄養士ということもあり、佐藤江梨子の料理の腕前はなかなかである。佐藤江梨子は、安倍なつみ、ラサール石井、森下千里らを自宅に招いてカレーパーティーを開くこともある。
佐藤江梨子は天然ボケである。
暴漢に襲われそうになった時に、佐藤江梨子は持っていたコショウをかけて暴漢を追い払った事がある。
野田義治は佐藤江梨子と折り合いが悪かったと発言しており、分裂後は佐藤江梨子の性格を批判している。
佐藤江梨子は、視力が悪いためコンタクトレンズを使用している。
佐藤江梨子は高校時代に級友たちと「APC(アーペーセー)」というグループを結成し、佐藤江梨子は名誉会長職にあった。なお、APCとは「アホアホパワークラブ」の略称。

佐藤江梨子

佐藤江梨子は、2005年1月、読売テレビの阪神・淡路大震災10周年記念の特集「震災10年・10Days」のメインキャスターを務めた。
2005年の兵庫県知事選挙の啓発広告に佐藤江梨子が起用された時には、投票日の7月3日にちなんで佐藤江梨子が髪を七三分けにしたことで話題となり、佐藤江梨子の啓発ポスターがインターネットオークションに出品されたという報道もされた。しかし、県選管の追跡調査によると、佐藤江梨子の啓発広告を見て投票に行こうと思った有権者は3割に留まったという。
「サトエリのホムピー」という佐藤江梨子の公式サイト・ブログを持っていたが、2005年末に終了。その後佐藤江梨子はブログを「SATOERI TIMES」と名を変えて復活させた。
佐藤江梨子は、フジテレビの情報プレゼンター とくダネ!ではコメンテーターを務めていたが、政治の話題についていくことができずにほとんどコメントすることが出来なかった。現在、佐藤江梨子は降板している。
2006年12月、佐藤江梨子は市川海老蔵と正式に交際宣言。
2007年3月9日、佐藤江梨子と市川海老蔵との交際破局がブログから明らかになる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。